入力フォームでのエラーは、お客様の離脱の原因です。その対応策として最近注目のEFOについて解り易く解説をいたします。

EFO(エントリーフォーム最適化)ガイド|EFOでおもてなし編

Points

EFOのチェック機構とガイド表示の意味。

  • 「不具合」を回避するために入念なチェックを。
  • アクセス解析の継続と入念なフォローが重要。
  • ミスがないことも信頼性につながる。

EFOサービスでチェックされるサイト項目

EFOサービスでは、以下の判定要素の正否によりアシスト機能(入力支援)を実行させています。

  • ・設定されたドメインである。
  • ・設定されたプロトコル(https:)である。
  • ・設定されたページである。
  • ・設定されたid値である。
  • ・登録された画面遷移である。

よって、特定のフォーム、入力フィールドで極端なログの増減が発生している場合、何らかの「不具合」か「不正な試み」が発生している事を確認する事も可能です。

フォームエラーの検知が速ければ、大事な見込み顧客を逃す機会損失も減ります。

EFOサービス導入の際に気付く事

多くのフォームに対してサービスしていると、初期の段階から以外に不具合が多いことに気付きます。

  • ・フォームにエラー/警告が出ている。(スクリプトエラーやセキュリティ違反)
  • ・読み込み開始後、終了しない。または、ブラウザが落ちる等、致命的な問題が発生している。
  • ・特定のブラウザ(Opera/Safari 等)で正常動作しない。

また、ログ解析中でも、以下のような問題箇所に遭遇します。

  • ・大多数で常に入力ミスされる箇所がある。
  • ・任意の項目で、入力に長時間要している。

これらは、お客様を門前払いしている状態といえるでしょう。最適化以前に、早急に修正すべき点です。

一般的なアクセス解析との違い

一般的なアクセス解析ソフトは、特定IPからのアクセスを統計化する事も難しく、アクセスボリュームが大きくなればトラッキングも困難になります。ましてや、「そのページでどのような振る舞いをしたのか?」までは、判りません。

EFOサービスは入力情報内容を取得しません。しかし「入力に関する振る舞い」はロギングできます。この機能を活用する事で、不正な入力には「厳しい」申込フォームにする事が可能です。

申し込みボタン制御も可能ですので、初期段階のいたずら防止には十分に役立つでしょう。

丁寧さが信頼性に繋がる。

EFOサービスでは先に上げた様々なチェック機構でサイトの実在性をチェックしています。

そして、EFO最大のポイントはおもてなしのポリシーです。「なんか怪しい」感じのするフォームでは情報入力にもためらいが出ます。それが機会損失に繋がります。「導入からログ取得」までと、「ログ取得からアシスト機能の実行に至るまで」の2週間の間に、わずかな不具合も潰していく事が、お客様の信頼獲得に繋がるのです。

老舗の名店はいつも玄関が綺麗に掃き清められています。日本人が愛する「おもてなし」の心ですね。

マーケティング実践資料を無料ダウンロードいただけます!
スマホでコンバージョンアップを実現するノウハウを無料で公開!
ダウンロードはこちら

EFOの導入例

スマートフォン(スマホ)フォームの最適化もフォームアシスト。

株式会社ショーケース・ティービーの「フォームアシスト」はスマートフォン最適化にも対応しており、実績も豊富です。単なる機能の提供ではなく、お客様の業種の専門性を熟知した上で、ヒアリングから、コンテンツコンサルティングまで一貫して提供させていただいております。

ナビキャスト フォームアシストの実績と技術

  • 2010年度のASP/SaaSアワードグランプリ受賞
  • 特許取得済み(特許第4460620号)
  • 導入企業数: 4,000フォーム(2017年2月現在)
入力フォームの離脱解消に実績ナンバー1のフォームアシスト(EFOサービス)
フォームの無料診断も行います。是非、お気軽にお問い合わせ下さい。
TEL: 03-5575-5117
お問い合わせはこちら

Page Top