EFOサービスで蓄積した効果のあるノウハウを紹介しています。

フォームアシストのデザイン変更例

フォームアシストのデザイン変更例

フォームアシストのデザイン変更例

東急カード株式会社様でデザイン変更を行いCV率6.9pt改善

「フォームアシスト」でスマートフォンに合わせた最適なレイアウトに変更しCV率が6.9pt改善!

▶詳細を知りたい方:東急カード株式会社EFO成功事例 

▶入力フォームのデザインについて知りたい方:入力フォームをデザインする際のポイント10選!【図解】

EFO成功事例

 

任意項目のアコーディオン化

EFO事例イメージ図

任意項目をアコーディオン化しデフォルトで非表示に変更。その結果、ページ全体が短くなり入力が簡単そうな印象を与える事に成功。入力を開始するユーザーも増え、CV率も7.3pt改善。ページを短く見せ、必要最低限の入力で終えてもらう事が重要です。

※月間来訪ユーザー数が10,000人の場合⇒月間CV数が730人増加・年間CV数は8,760人増加(730人×12か月)

CTAボタンのデザイン変更

CTAのデザイン変更イメージ図

CTAボタンのデザインを変更した事例です。「次へ進む」ボタンの視認性が高いデザインを採用。次ページへの動線が明確になりました。誤操作による前ページ戻りのリスクも抑えられ、結果的にCV率が5.0pt改善。

※月間来訪ユーザー数が10,000人の場合⇒月間CV数が500人増加・年間CV数は6,000人増加(500人×12か月)

入力欄を1カラムに変更

EFO事例イメージ図

入力欄を1カラムに変更した事例です。項目間のカーソル移動の手間が減り、郵便番号項目の離脱率が2.2pt改善しました。この施策は「姓名」・「セイメイ」・「電話番号」項目にも適用出来ます。

「姓名」・「セイメイ」両項目を2カラムから1カラムにした場合、合計2回分のカーソル移動を削減、「電話番号」を3カラムから1カラムに変更した場合も2回分のカーソル移動を減らせますね。

「郵便番号」・「姓名」・「セイメイ」・「電話番号」全て1カラムに変更した場合、4回分のカーソル移動を削減可能です。

※郵便番号項目の月間アクセス人数が1,000人の場合⇒月間22人の離脱を削減・年間264人の離脱を削減(22人×12か月)

任意項目の表記を追加 

EFO事例イメージ図4任意項目のラベルを追加した事例です。必須項目=必要最低限の入力です。入力完了までの最短ルートを示し、ユーザーの負担を最小限に抑える事で離脱を防止出来ます。ラベルを追加するだけでページ全体の離脱が0.9pt改善しました。

※月間来訪ユーザー数が10,000人の場合⇒月間90人の離脱を削減・年間1,080人の離脱を削減(90人×12か月)

 

EFOツールの導入をご検討中の方

フォームアシスト」が選ばれる理由

  1. 5,000フォーム以上の導入実績を活かした分析とご提案
  2. どんなお悩みも対応できる40種類以上のEFO機能
  3. タグ設置だけの簡単導入

よくある質問

Q:入力フォームをおしゃれに見せるポイントはありますか?

A:こちらをご確認ください!入力フォームをデザインする際のポイント10選!【図解】

Q:EFOとは何ですか?

A:こちらをご確認ください!EFOとは

Q:入力フォームしやすいフォームとそうでないフォームの違いを知りたいです!

A:こちらをご確認ください!「めちゃくちゃ使いにくい」入力フォームを作ってみた。

Q:おすすめのEFOツールを教えてください!

A:導入実績NO.1のフォームアシストがオススメです!フォームアシストについて

Q:EFO(入力フォーム最適化)の事例集やテクニックを知りたいです!

A:こちらから資料をダウンロードできます!CV率改善必勝テクニック集ダウンロード